女の人

ゴミ屋敷の片付けに困っているなら専門家にバトンタッチ

単身赴任生活を快適にする

女の人

東京には大勢の単身赴任者が住んでいますが、やり慣れない家事で困ってしまうケースが少なくありません。食事に関しては外食やコンビニ弁当で何とかすることができますが、掃除や洗濯はどうすることもできません。そのため、多くの人が便利屋の家事代行サービスを利用しています。

詳しく見る

業者に清掃を依頼しよう

ごみ

苦手な物はプロに丸投げ

あれもこれもまだ使えるからといって残しておくと、あっという間に家の中が物だらけになってしまいます。すでに足の踏み場もないほど物があふれている状態なら、思い切って大掃除をしなくてはいけません。ただし物を貯め込んでしまう性分の人は、片付けるのが得意でない方がほとんどです。それを自覚しているなら、自力での片付けはあきらめて業者の手を借りるようにしましょう。ゴミ屋敷や汚部屋の掃除は、それを専門に請け負っている業者に依頼するときれいに片付けてもらえます。ゴミ屋敷や汚部屋相当の状態になった家は、通常の家庭向けの清掃業者では手におえません。必ず廃棄物の処理も含めて請け負ってくれる専門業者に依頼して、計画的にゴミ屋敷を片付けてもらうようにしましょう。

健康と生活に良い効果

ゴミ屋敷のままの方が居心地がいいと感じる方もいるでしょうが、健康上のことを考えたらそのままでいいわけがありません。まずホコリを長期間部屋にため込んだままでいると、カビやダニの発生源の原因になります。また食べ残しやゴミを捨てずにそのままにしておくと、ゴキブリやネズミが発生する可能性もありえるでしょう。それがひいてはぜんそくやアレルギーを引き起こす結果にもなるので、なるべく早めに片付けるべきです。さらに散らかしている状態では、友人や身内を家に招待しにくくなるはずです。それを放置しているといずれ人間関係にも影響していきますから、綺麗にしていつでも人を呼べるようにしておきましょう。それに部屋を綺麗に保つようにすれば、スペースを有効に使えるようになるので生活もしやすくなるはずです。なによりゴミ屋敷は百害あって一利なしなので、早めに脱出するようにすることが大切でしょう。

賢く活用するノウハウ

衣類を持つ女性

サービスを頼む便利屋さんを決める時、メールと電話で事前に問い合わせるのがポイントです。メール対応では事務的なスキル、電話は接客能力が分かるので、問い合わせ方法を工夫しましょう。また、便利屋さんの金額は現場を見ないことには算出しにくいので、訪問見積もりを頼みお互いに納得した上で依頼することが大切です。

詳しく見る

急いでいる時にも便利

作業員

今大人気の何でも屋さんはちょっとしたことでも頼めるので、本当に便利です。また、仕事をお願いする何でも屋さんを選ぶ時は、自宅からの距離も大切です。家から近いとすぐに駆けつけて貰えるので、急いでいる時も安心です。

詳しく見る